【安全です】主婦や学生には覆面調査がオススメ【小遣い稼ぎ】

cafeLife
悩んでる人
悩んでる人

ちょっとしたお小遣い稼ぎがしたいな。

かと言ってバイトするほどの時間もない。

内職するのも面倒だなあ。

簡単で楽に小遣い稼ぎする方法を教えて!

こんな疑問に答えていきます。

この記事の内容

  • 主婦や学生には覆面調査がオススメ
  • 覆面調査をするときに気をつけること

皆様こんにちは、jacoです。

みなさま、簡単で楽にお小遣い稼ぎしたくありませんか?

こんな怪しいセミナーみたいな書き出しで申し訳ないのですが、私はそんな方に覆面調査をオススメしています。

覆面調査とは、ざっくり言うと、「お店に行き、そのお店や商品の感想を書いてお金をもらう」というものです。名前だけは皆様も一度は耳にしたことがあるでしょう。ミステリーショッパーなどとも言われますね。

後述しますが、私自身この覆面調査や商品モニターで得たお金やマイルだけで何度も海外旅行に行っています。また、家にいなくても稼ぐことができるので、旅先でやっていたこともあります。

覆面調査は聞いたことあるしやってみたいけど、よく分からないしなんだか怪しそう・・・って方はぜひこの記事をご覧になってください。
覆面調査が怪しいものではなく、簡単にできることが分かるようになります。

この記事では、「主婦や学生には覆面調査がオススメ」「覆面調査をするときに気をつけること」という内容を紹介していきます。

主婦や学生には覆面調査がオススメ

cafe

主婦や学生など、フルタイムでは働けないが平日にある程度動ける方は覆面調査がオススメです。
その理由は、覆面調査は平日のお昼や夕方などの少し空いた時間でできるものも多いからです。フルタイムで働いている人にはやりにくいけど、時間の融通がある程度効く方にはできるというわけです。

また、覆面調査には飲食店やエステの店内調査もあります。これも詳しくは後述しますが、タダ同然でご飯が食べれたりエステが受けられたりとなると、グルメや美容に関心のある女性やお金のない学生にはとっても嬉しいですね。

では早速、覆面調査について以下の項目に分けて解説していきます。

  • 覆面調査のやり方を解説
  • 私が実際にどれだけ稼いだか紹介
  • なんか怖い、信用できるの?

覆面調査のやり方について解説

覆面調査のやり方を「覆面調査員になる方法」「実際に覆面調査をする方法」「注意事項(現金ではなくポイントで還元される)」について解説していきます。

覆面調査員になる方法

覆面調査員になる方法はとっても簡単で、覆面調査員になれるサイトに登録するだけです。覆面調査員に簡単になれるオススメのサイトを紹介します。なお、全て私が実際に登録済みかつ稼いでいる実績があるサイトです。

他にもサイトは色々ありますが、覆面調査をやりたい方はこの4つを押さえておけば間違えないでしょう。そしてこの4つにもそれぞれ特色はありますが、4つとも登録して損はないので登録しておきましょう。

実際に覆面調査をする方法を解説

覆面調査といえど様々な種類があります。その中でもやりやすい商品モニターとお店の覆面調査のやり方を解説していきます。

商品モニター

商品モニターの流れは以下の通りです。

  1. 商品モニターの応募
  2. 当選したら、お店で商品を買う(ここは実費です)。
  3. 使ってみる
  4. 「使った感想」と「レシートの写真」をサイトに提出する
  5. 謝礼ゲット!

難しいことは何もないですね。

どんなモニターがあるかというと、今パッと見ただけでも日焼け止めの100%還元のモニターがありました。さらに同じモニターが複数のサイトで掲載されていることも多いので、日焼け止めが金銭的な負担なしで何個も手に入ることになりますね。

カワハギくん
カワハギくん

実質無料で何個も日焼け止めが手に入るなんでそんな話本当にあるの?

管理人
管理人

信じられないけど、事実だよ。

実際に自分も日焼け止めじゃないけど、サプリメントを何個も実質無料で手に入れているよ。

お店の覆面調査

お店の覆面調査の流れは以下のような感じです。

  1. 商品モニターの応募
  2. 当選したら、お店に行って「バレないように」調査する(ここは実費です)。
  3. 「お店の感想」と「レシートの写真」をサイトに提出する
  4. 謝礼ゲット!

覆面調査員だとバレてしまってはダメということを除けば、商品モニターとあんまり変わりはありませんね。

これもどんな案件があるかというと、例えば飲食代の50%還元(獲得上限1万円分のポイント)というものがありました。5人くらいで飲み会すれば2万円くらいになりますよね。ひとり4千円の負担です。
仮にポイントを独り占めできるとしたら、4千円の飲み会の代金で1万円分還元、つまり6千円の黒字。飲み会をしているのに黒字というわけがわからない状態になります。

還元は現金ではなくポイントです

還元とはいえ、直接現金でもらえるわけではなく、サイト独自のポイントという形でもらえます。

一見マイナスに思える特徴ですが、これがいいんです。ポイントをAmazonギフト券にするときはちょっと多めにもらえたり、普通では貯めにくい飛行機のマイルに変えられたりします。
当然、現金にも変えられるので安心してください。

私が覆面調査やモニターでどれだけ稼いだか紹介

次に、私が実際にどれだけ稼いだかを紹介していきます。

私は稼いだポイントは全てマイルにしているので、総獲得マイルを計算してみたら1年半くらいで10万マイルくらいは貯めていました。上手に交換すれば、大体のサイトで「1円分のポイント = 0.8マイル」で交換できるので、お金に換算したら12.5万円分は稼いだことになりますね。

実際、私は覆面調査やモニターで貯めたマイルで北海道、ドイツ(ファーストクラス)、沖縄複数回、ベトナム(7月に行く予定)に行きました。

ただ、私は普通にフルタイムで働きながらこれだけ貯めていたので、覆面調査員としてはたくさん稼いだ方ではないかと思います。それでも、ドイツまでファーストクラスで行けるほどのポイント(マイル)が貯められるんです。
思ったより貯められるんだなと思いませんか?

管理人
管理人

実際は覆面調査以外にもあらゆるポイントをマイルに変えてたから、全てかき集めて30万マイルくらいは貯まってたかも。

その中でも覆面調査がマイルを貯めやすかったなあ。

なんか怖い・・・信用できるの?

こんなうまい話あるの?と思う方もたくさんいるでしょう。

あるんです。と私がいうだけでは信用できないと思うので、信用できるようになるソースを見ていきましょう。

サイトの運営会社はしっかりした会社です

例えば上記にあげたポイントタウン。これの運営会社はGMOメディア株式会社という会社なのですが、この会社は東証マザーズに上場も果たしていますし、東証一部上場のGMOインターネット株式会社のグループ企業です。

次にハピタス。運営会社のオズビジョンは上場企業ではありませんが、テレビCMを出していますね。しかも売れっ子芸人のゆりあんレトリィバァを使っています。広告費に結構なお金をさける、調子のいい企業だとわかりますね。

ファンくるちょびリッチは上場もしていないですしCMもありませんが、両者ともテレビや雑誌、その他メディアに何度も取り上げられている会社です。私自身結構なポイントを貯めさせてもらっています。

そもそもなんでお金がもらえるの?

評価するだけでお金がもらえる理由を解説していきます。

覆面調査員が調査した内容は、サイトを経由してそれぞれの企業に送られます。お客さんのリアルな声が届けられるということなので、調査された側は自分の商品やお店がどうだったのか、強みはどこか、逆に改善点はどこかを具体的に把握できます。それらの情報が今後のサービス改善に役立てられるというわけです。

日本人ってあんまり苦情とか意見とか言わない人種ですよね。なので、覆面調査員の意見で「段々と集客数が減っていっているが、お客様の意見がないから改善点がわからない」という状態から抜け出すことができるんです。

そういうわけで、安心してください。運営企業もしっかりしていますし、お金がもらえる理由も正当です。
ぜひ覆面調査をしてお小遣い稼ぎをしましょう。

覆面調査をする際に気をつけること

覆面調査

気をつけることは、とにかく規約違反をしないことです。

その規約は色々ありますが、ついつい破られがちなのが、嘘を書かない、レシートや感想を使いまわさないという規約です。

当然ですが、嘘をついてはいけません。覆面調査では「電話で予約した時の対応はどうだったか」や「この料理の盛り付けはどうだったか」などの調査項目があります。
そのときに「チェックを忘れてたから適当に書こう」というのは規約違反です。
調査項目は事前に教えてもらえるので、しっかり把握してから調査をしましょう。

同じレシートで複数サイトに報告することは規約違反です。これは商品モニターでやりがちです。私自身、複数のサイトで商品モニターをやっていたとき、間違えて同じレシートを複数のサイトに提出してしまいました。その調査は却下になってしまい、商品は100%自己負担で購入することになりました。

最後に

いかがでしたか。
覆面調査員をやってみたくなりましたか?

主婦や学生の方でなくても、これらのサイトを経由して飲み会の予約をすれば、飲み代の大幅な節約になります。ぜひ、普段の生活に取り入れて賢く楽しく金を稼いじゃいましょう!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント