【決定版】台湾旅行に必要もの、不必要なもの一覧

  • 台湾に行くんだけど、必要なものが知りたい
  • 逆に、いらないものも知りたいなあ

こう悩んでいる方は多いかと思います。

海外旅行に慣れてないと、何を持っていけばわからないですよね。
あれがいるかな?これがいるかな?と不安になってしまいます。

僕は初めての海外ひとり旅が台湾だったのですが、大きいスーツケースをガラガラと引いていったことを覚えています。

けど、旅慣れた今では台湾旅行に何が必要かしっかり分かって、最低限の荷物で行けていますよ。

  • リュックサックで行くので、身軽
  • スーツケースを引かなくていいので移動も楽々

今回は僕が台湾旅行に何が必要か、何がいらないかをまとめました。
この記事を読めば、身軽な台湾旅行が楽しめるはず。

さて、解説していきます。

なお、このリストに載っていないものは私が思いつきもしなかったものなので、大抵の場合いらないと思います。

台湾旅行に必要なもの、必要ないもの

台湾持ち物

無いと生活すらできないもの

パスポート(原本)

台湾に限らず、どこの国に行くにも必要です。

また、期限ギリギリのパスポートでは入国できません。
台湾は3ヶ月以上、パスポートの期限が残っていれば入国できるので、自分のパスポートの有効期限がちゃんと残っているか確認しておきましょう。

もし有効期限が十分になかったら、早めにパスポートを更新しましょう。
パスポートの申請から受け取りまで2週間程度かかることもあります。

現金

当然、お金は必需品です。
台湾ドルを現金で持っておきましょう。

ホテルではクレジットカードが使えますが、ローカルな飲食店や夜市では現金しか使えません。
台湾は日本と同じように、まだまだ現金が強い国なんです。
ホテルはカードで支払うとしたら、現金は1日3000円分あれば普通に飲食は楽しめます。

4泊5日の台湾旅行で使った費用のまとめ【安くするコツも公開】
台湾旅行に行きたいんだけど、予算はどれくらいかな。換金するお金の目安にしたいな。ついでに安く済ませる方法も教えて欲しい!こんな疑問に答えていきます。予算は5万円、現地には1日3000円(833台湾ドル)程度持っていけば良いです。安く済ませるポイントは飛行機代と宿代です。

無くてもなんとかなるが絶対欲しいもの

スマホと充電器

スマホと充電器は欲しいです。

海外に行って通信環境がなくなっても、ホテルには大抵wifiが付いています。
また、iTaiwanという台湾政府が提供しているフリーwifiも台湾各地にあります。
iTaiwanについては以下のブログでとてもよくまとめられていました。

【台湾Wi-Fi口コミレビュー】iTaiwanを使用してみた(登録、設定方法) - 台湾的Wi-Fルーター-台湾を安く快適に遊ぶ-

よっぽど変な場所に行かない限り、台湾で通信環境に困ることはほとんどないでしょう。

また、ナビを使うだけならGoogleMapのオフライン地図機能でまかなえます。
実は、通信環境がなくてもGPSは使えるんです。
覚えておくと便利です。

雨具

台湾は雨の多い地域です。
多くの方が台湾に行くであろうGWや8月は雨季真っ只中です。
東京の1.5倍程度は降水量があると思っていいでしょう。

台湾の気候と天気|世界の天気&服装ナビ | 地球の歩き方
台湾の一週間予報と、最高気温・最低気温時に適する服装など、台湾の天気・気候に関する情報をアドバイス!日本の都市との気温差を比較できます。

持って行って欲しい雨具が「雨合羽」「折り畳み傘」「ビーチサンダル」です。

台湾の夜市は人がものすごく多いです。
そんな中折り畳み傘をさしていると、前に歩くのも困難です。
なので、夜市は雨合羽、町歩きは折りたたみ傘と使い分けることをオススメします。

また、台湾の雨は日本のようにしとしと降る雨では無く、ザーッと降ります。
いわゆる、スコールというやつです。
靴までびしょびしょになってしまうかもしれません。
暖かい時期に行くなら、ビーチサンダルで行動するのも非常に有効です。

管理人
管理人

実際、自分が4月に台湾に行った時はビーチサンダルで動いていたよ。

現地の人も結構履いている人が多い!

海外旅行保険

何があるかわからないので保険には入っておきましょう。

レンタカーを運転したり、変わったアクティビティに参加する、高価なものを持って行くなどをしない限りはどの保険でもいいと思います。
ネットで申し込んでもいいし、空港で申し込んでもオーケーです。
安いやつを選びましょう。

私は保険関係はクレジットカードの保険自動付帯でまかなっています。
また記事にまとめますが、とても便利ですよ。

着替え

着替えは持って来ましょう。
長期滞在する時は街にあるコインランドリーやホテルのランドリーサービスも使えます。
洗濯機と乾燥機があるドミトリーもあります。
町のランドリーはGoogleMapで「自助洗」で調べるとヒットします。

4月〜11月は暑いので夏の装備でいいでしょう。
12月〜3月あたりはダウンなどの冬用の服装が必要だと思います。

台湾の気候と天気|世界の天気&服装ナビ | 地球の歩き方
台湾の一週間予報と、最高気温・最低気温時に適する服装など、台湾の天気・気候に関する情報をアドバイス!日本の都市との気温差を比較できます。

ティッシュ・ウエットティッシュ

台湾の飲食店はあまり綺麗ではないので、机などをティッシュで拭く機会が結構ありました。

また、台湾のトイレには紙がないことが少なくないので、持っていくと便利です。

常備薬

常備薬は持っていきましょう。
薬局はたくさんあるので薬は手に入りますが、使い慣れた薬が一番です。

女性の方が必要なもの

化粧品や生理用品などは使い慣れているものが一番だと思います。

無くてもいいがあったら便利なもの

街歩き用のサブバッグ

街歩き用のサブバッグがあると非常に便利です。
夜市はリュックサックやスーツケースでは歩きにくいです。

ポケットに財布を突っ込んで夜市に行くとかはもってのほかです。
盗んでくださいと言っているようなものです。

安全上、手提げカバンでは無く、ショルダーバッグかボディバッグがいいでしょう。

重要なのは顔。海外旅行のスリ対策は2つだけでオーケー。
海外旅行が決まったけど、スリが心配だな。対策ってどうすればいいのかな?ウォレットチェーン使うべき?あと、財布を分けて持ったり?いい方法を教えて!こんな疑問に答えます。最も重要なことは立ち振る舞いとバッグの持ち方です。その理由を解説します。

室内で羽織るための上着

南国で暑い台湾ですが、お店の中や空港は冷房がよく効いていて寒いくらいです。
真夏に行くとしても、上着は持っていくと便利でしょう。

また、冬は普通に寒いです。
冬に行く場合は防寒対策はしっかり行ってください。

タオルや洗面用具

タオルや洗面用具は大抵のホテルにアメニティとしておいてあるので持って行かなくてもいいです。
日用品店などでいくらでも売っていますしね。

ただ、こだわりがある方やドミトリーを使う方は持っていきましょう。

日焼け止め

台湾は日差しが強い国です。
日中で歩く方は日焼け止めを塗っておくと安心です。

寝巻き

日本のホテルのように室内着があるところは少ないと思います。
実際私はそんなホテルに出会ったことはありません。

ジャージなどを持っていくと寝やすいです。

ペンと紙

中国語は発音が難しいので、英語が通じないお店での注文は筆談ですると円滑にできます。

また、飛行機内で配られる入国カードの記入にもペンが必要です。

ジップロック

ジップロックは旅行にかなり便利です。

濡れものを入れる、圧縮袋がわりにする、開封して食べきれなかった食べ物を入れる、紙の書類をまとめるなど大活躍です。

無くても生活できますが、超便利。

飛行機やホテルの予約票

飛行機やホテルの予約票があれば、それを見せるだけいいのでチェックインが円滑です。

よく推奨されているが、無くてもいいと思うもの

スーツケース

スーツケースはそれ自体の重さが数kgあるので、AirAsiaなどのLCCで旅行するときはとても不利です。

管理人
管理人

ちなみにAirAsiaだと機内持ち込み荷物は7kg以下だし、預け入れには別途4000円がかかっちゃうよ。

できれば、リュックサックにまとめて旅行したほうがいいでしょう。

ドライヤー

性能の良し悪しはありますが、ホテルにもドミトリーにもまず間違いなく付いています。
かさばるので、私はいらないと思います。

人によっては欲しいもの

レンタルwifiルーター

simフリーのスマホを持っていなかったり、simの設定がちょっと不安な方はwifiルータをレンタルしていきましょう。

ネットから予約ができますし、当日に在庫があれば日本の空港でも貸してもらえます。

カメラとその付属品

今はスマホのカメラの性能がものすごくいいので、大抵の方はカメラは必要ないです。
ただ、しっかりとした写真を撮る方はカメラを持っていきましょう。

一眼レフは不要。旅行に最適なカメラはスマホとミラーレスです
旅行が決定したから、カメラを買いたい!どんなカメラを買ったらいいのかな?綺麗な景色を撮りたいなら一眼レフ?コンデジで十分?教えて!こんな疑問に答えます。最適なカメラはミラーレスです。現地ではスマホとミラーレスの使い分けをオススメします。

中国語に翻訳した免許証

台湾では国際免許が通用しないので、もしレンタカーなどを借りるなら中国語に翻訳した免許証が必要です。

詳しくはこちらを参照してください。

【写真あり・実体験】台湾の台北をレンタルバイクで走る方法と注意点
台湾でバイクに乗りたい!事前準備は何が必要かな?オススメのお店はある?あと、注意点なんかも教えて欲しい!こんな疑問に答えていきます。注意して欲しいのが、国際免許が通用しない国であるということです。その他必要な準備、オススメのお店、注意点も解説していきます。

イアホン

ドミトリーのベッドでゆっくりするときはイヤホンをつけて音楽を聴いたりします。

絶対いらないもの

ビザ

台湾は90日以内の滞在ならビザがいらない国です。

コンセントと変圧器

台湾のコンセントの形状と電圧は日本と同じなので必要ありません。

管理人
管理人

変圧器って台湾どころか、今までの旅行で必要になったことがないな・・・

日本の食べ物や水

日本の食べ物が恋しくなるとか、海外の水は汚いとかいろんな話を聞きますが、安心してください。

日本食レストランはそこら中にありますし、水もコンビニで24時間ミネラルウォーターが手に入る環境です。

管理人
管理人

台北にはスシローや吉野家まであるよ。

見つけたときは急に日本感が出て笑ってしまった!

今回まとめたものの一覧

まとめ

無いと生活できないもの

パスポート
現金

無くてもいいが絶対欲しいもの

スマホと充電器
雨具
海外旅行保険
着替え
ティッシュ・ウエットティッシュ
常備薬
女性が必要なもの

無くてもいいがあったら便利

町歩き用のサブバッグ
室内で羽織るための上着
タオルや洗面用具
日焼け止め
寝巻き
ペンと紙
ジップロック
飛行機やホテルの予約票

無くてもいいと思うもの

スーツケース
ドライヤー

人によっては欲しいもの

レンタルwifiルーター
カメラとその付属品
中国語に翻訳した免許証
イアホン

絶対いらないもの

ビザ
コンセントと変圧器
日本の食べ物や水

最後に

台湾に必要なもの

いかがでしたか。
台湾旅行に必要なものがわかりましたか。

持っていくものはどの国でもだいたい同じになります。
台湾らしい持ち物といえば、中国語に翻訳した免許証、雨具、日焼け止めなどですかね。

ぜひ参考にして、自分の旅行スタイルを築いてください。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめ  2枚でOK?バックパッカーが実際に持つ旅行用クレジットカード

おすすめ 【保存版】無料でファーストクラスを目標に、陸マイラーを始めよう

 ブログランキング・にほんブログ村へ  
台湾
\ シェアしてね /
じゃこをフォローする
TABIGATE-タビゲイト-

コメント