世界遺産までツーリング。パークセーでレンタルバイクに乗る方法

この記事では、ラオスのパークセーでレンタルバイクを借りて走る方法を、実体験からお教えします。

  • パークセーでレンタルバイクに乗りたいけど、情報が少なくて分からない
  • ラオスの運転事情が知りたい

こんな疑問に答えていきます。

パークセーは、ラオス第二の都市と言われていて、世界遺産のワットプーへの玄関先とも知られています。

ただ、パークセーはアクセスの悪さからか、日本人観光客は少なめ。
その分、ネット上に情報も少ないです。

そこで今回は、実際にパークセーに行った僕がレンタルバイクの借り方を伝授します。
ワットプーはパークセーから1時間程度。
ツーチングにぴったりの距離です。

この記事では以下のことが分かります。

  • パークセーでバイクをレンタルするときに必要なもの
  • パークセーのレンタルバイク屋はたくさんあります
  • ラオスの道路、交通事情はよくありません
  • ラオスならではの注意事項

この記事を読めば、ぼったくりのレンタルバイク屋に引っかかることもないでしょう。

管理人
管理人

実際、僕は周りの店の2倍以上の値段で借りるところだった。
結局ぼったくりに気がついたけど、危なかった!

それでは、解説していきます。

パークセーでバイクをレンタルするときに必要なもの

絶対必要なもの

  • パスポート
  • 国際運転免許証

パスポートはバイクを借りるときにデポジット(保証)として人質に取られます。
バイクを返却するときに返してもらいましょう。

国際運転免許証は、バイクをレンタルするときに確認されることはまずありません。
しかし、法的には所持が必須なので、必ず日本で取っておきましょう。

できれば用意しておくもの

  • 日焼け止め
  • レインコート

僕は雨季である7月に1泊2日でバイクを借りて走りましたが、かなり日焼けをしました。
そして、スコールも数回降ったのでレインコートも使用しました。

パークセーにレンタルバイク屋はたくさんあります

レンタルバイク屋はそこら中にあるので、心配する必要はありません。

僕が借りたのはココ。

借り方は非常に簡単で、バイクを何日借りたいかを伝え、書類にサインすれば借りられます。

僕の借りた店は1日55000kpで、料金後払いでした。

国際免許や免許証の提示は求められませんでしたが、法的には必須なので持っておきましょう。

パスポートをデポジット代わりに預けるので、顔写真があるページの写真を取っておくと何かあったときに安心。

ちなみに、セミオートを選んだ方が安いです。
(55000kip = 800円くらい)

パークセーレンタルバイク料金

ラオスの道路、交通事情はよくありません

ラオスの道路は街の近くはアスファルト舗装してあります。
しかし、穴が空いていることも多いので、路面状況には注意しましょう。

また、砂埃がすごいので、使い捨てのマスクを持っていくのもあり。
現地の人はスカーフで顔を覆ったりしてます。

運転は結構荒く、ギリギリで右左折、ウインカーなし、路駐は当たり前です。
車間距離を十分にとって運転してください。

給油は、ガソリンかディーゼルしかないので非常に楽。
小さなバイクだったら間違いなくガソリンです。
ガソリンは100円/L程度です。

店員さんに希望の金額を言って、お金を渡せば問題ありません。
ガソリンスタンドは田舎でも意外とありますが、街から出るときは給油しましょう。

ラオスガソリンスタンド

レンタルバイクはガソリン満タンで返す必要はありません。

特段気をつける交通標識等もありません。
右折は赤信号でも可能なので、初めは戸惑うかもしれませんが、前のバイクについていけば大丈夫です。

ラオスならではの注意事項

  • 動物が道路を横断します
  • 町を離れたら、宿が少ないです
  • 英語はあまり通じませんが、意思疎通は問題ありません

動物が道路を横断します

牛、ヤギ、ぶたが道路を横断します。

バイクに慣れているのか、あまり逃げません。

避けて通るか、横断し切るまで待ちましょう。

町を離れたら、宿が少ないです

パークセーなどの比較的栄えている町に行けばドミトリーやホテルが割とあるのですが、田舎町に行くとあまりないです。

僕の泊まった宿も、町に2つあるホテルのうちの1個で、客は僕以外いませんでした。

無理して遠くまで行かず、暗くなる前に宿を見つけておきましょう。

英語はあまり通じませんが、意思疎通はできます。

田舎町に行くと、英語は多少通じる人と全く通じない人に分かれます。
しかし、意思疎通は問題ありません。

レストランや屋台でも、指差し注文ができます。

心配する必要はないでしょう。

交通網が弱いラオスでは、バイクで自由度をあげよう!

この記事でわかることは以下の3つでした。

  • パークセーでバイクをレンタルするときに必要なもの
  • パークセーのレンタルバイク屋はたくさんあります
  • ラオスの道路、交通事情はよくありません
  • ラオスならではの注意事項

振興国に行くと顕著ですが、交通網が弱くて自分の行きたいところに行きにくいです。

(観光地まではトゥクトゥクやタクシーがありますが)

ラオスに行くなら、レンタルバイクで旅の自由度を上げましょう!

 ブログランキング・にほんブログ村へ
ラオス
\ シェアしてね /
じゃこをフォローする
TABIGATE-タビゲイト-

コメント