【注意点も教える】シカゴ・オヘア空港から市内へのアクセスの方法

この記事では、アメリカ・シカゴのオヘア国際空港から市内への移動手段について解説します。

  • オヘア空港から市内へのアクセス方法を知りたい
  • 逆に、市内からオヘア空港への行き方も知りたい

こんな疑問に答えていきます。

 

どんな場所でも、空港から市内はなんかしらの交通手段で移動しなくてはいけません。
小さい空港だったら、空港からバスも電車もないことも・・・。

 

しかし安心してください。オヘア空港から市内への移動、そしてその逆も、非常に簡単
なぜなら、CTA(電車)で一本だから。

 

この記事では以下のことが分かります。

この記事で分かる情報
  • 基礎知識:シカゴには3つの公共交通機関を管理する会社がある
  • オヘア空港から市内へ、CTA(電車)を使っての行き方
  • CTA(電車)に乗る際に覚えておくこと
  • 市内からオヘア空港への行き方など、他にも知っていたいこと

この記事を読めば、シカゴ・オヘア空港からの移動の心配も吹き飛ぶはず。

それでは、解説していきます。

基礎知識:シカゴには3つの公共交通機関を管理する会社がある

オヘア空港から市内への移動

混乱しやすいのですが、シカゴには3つ、公共交通機関の会社があります。
詳しくはwikipediaを参照してください。

東京メトロとJRのように、同じ移動手段ですが全くの別会社

  1. CTA
  2. Metra
  3. Pace

 

CTAは市内の電車とバス。
シカゴの繁華街や近辺だけで観光するなら、ほぼCTAしか利用しません。

Metraはイリノイ州内の鉄道。
イリノイ州の他の街に遊びに行くときは使うことになります。

Pacaもイリノイ州内のバス。
州内の他の地域に行くときに利用します。
CTAとPaca両方に乗れるチケットもありますが、Paceはほとんど使わないでしょう。

管理人
管理人

実際、僕は2週間のシカゴ旅行でCTAしか利用しませんでした。

オヘア空港から市内へ、CTA(電車)を使っての行き方

オヘア空港から市内への移動

オヘア空港から市内へはCTA(電車)で直通で1時間程度で行けます。

この一文が今回のキモですが、あまりに不親切なので解説していきましょう。

オヘア空港から市内まで
  1. 国際線でターミナル5に到着
  2. 無人のターミナル間移動電車(無料)に乗って、ターミナル1〜3のどれかに行く(どれでもいい)
  3. CTA乗り場に行って、切符を買って、電車に乗る
  4. 好きな駅で下車

国際線でターミナル5に到着

日本からオヘア空港に国際線で到着したら、ターミナル5に到着します。

JALでも、ANAでも、American航空でも、ターミナル5に到着するので覚えておきましょう。

 

入国審査を終えて、荷物を受け取って、ロビーに出てください。

無人のターミナル間移動電車(無料)に乗って、ターミナル1〜3のどれかに行く(どれでもいい)

ターミナル1〜3間は歩いて移動できますが、ターミナル5だけちょっと離れています。

ターミナル間移動電車(無料)に乗って、ターミナル1〜3のどこかに行きましょう。

 

ターミナル1〜3のどこからでもCTAの駅にアクセスできるのでどこでもいいのですが、ターミナル2が一番歩く距離が少ないかなと思います。

でも、体感なので間違っていたらごめんなさい。

管理人
管理人

ちなみに、ターミナル4は存在しません。

なぜかは分からない・・・。

 

2019年9月までは電車が工事中なので、24時間運行の無料のシャトルバスが走っています。

工事は終了しました。

CTA(電車)乗り場に行って、切符を買って、電車に乗る

地下にCTA(電車)の乗り場があるので歩いていきます。

オヘア空港から市内への移動

このような案内があるので、案内に沿っていけばオーケー

券売機で空港から市内への切符を買います。

券売機で買える切符
  • 1回券(使用開始から2時間は2回乗り換え可能):5ドル
  • 1日券(使用開始から24時間有効):10ドル
  • 3日券:20ドル
  • 7日券:28ドル + カード代5ドル
  • 30日券:105ドル + カード代5ドル

上の黒色3つは、Ventra Ticketと言って、紙の使い捨てチケットです。

下のオレンジ2つは、Ventra Cardという名前でSuicaのようなプリペイドカード。
一度券売機で買えば公式HPやアプリなどでチャージできます。

そして、公式HPからVentra Cardを登録するとカード代5ドルが帰ってきます。

ただ、住所の登録を求められたり(ホテルの住所を入れれば良い)してハードルが高いので、無理にやる必要はないでしょう。

 

TicketもCardも、改札はICカードのようにピッとかざして通ります

電車は、目的地が同じな1路線しか無いので、みんなが乗ってるやつに乗れば間違い無いです。

管理人
管理人

CTA(電車)の乗り方はこのサイトが詳しいです。
参考にしてみてね。

好きな駅で下車

さあ、好きな駅で下車しましょう。

下車するときの改札でのカードのタッチは必要ありません。
改札のバーを押して出てください。

CTA(電車)に乗る際に覚えておくこと

オヘア空港から市内への移動

CAT(電車)に乗る際に覚えておくことを4つ伝授します。

覚えておくこと
  1. CTAは24時間運行
  2. CTA(電車)のチケットでバスも乗れる
  3. 地図アプリがとても便利
  4. 治安の悪い地域で降りないように!

解説していきます。

CTAは24時間運行

CTAは24時間運行です。

市内からオヘアへの移動

例えば、これは空港までの電車の時刻表。

深夜は本数が減りますが、深夜発着の飛行機でも問題ありません

CTA(電車)のチケットでバスも乗れる

同じCTAが運営しているので、CTA(電車)のチケットでCTA(バス)も乗れます。

乗り方はバス停に止まったバスの前から乗って、リーダーにピッとタッチするだけ。

 

降りるときは車内の紐を引いて降車したい意思を伝えると、次のバス停で降ろしてくれます。

管理人
管理人

紐が、日本でいう降車ボタンってわけ!

地図アプリがとても便利

電車とバスが非常に発達しているシカゴ。
特にバスは現地の人も路線を把握しきれていないとい聞きました。

そこで活躍するのが、下のアプリです。

Transit Stop: CTA Tracker.
Transit Stop: CTA Tracker.
開発元:Kramer Concepts, LLC
無料
posted withアプリーチ

さらにCTAのHPからバスの路線図を確認すれば完璧。

 

ちなみに、Trackerという今どこにバス(電車)がいるかを確認できるサービスもあります。

治安の悪い地域で降りないように!

シカゴでは以下の4つのエリアが治安が悪いです。

シカゴで治安の悪いところ

  1. 赤いラインのHoward駅周辺
  2. 赤いラインのWilson駅周辺
  3. 赤いラインのsox-35th駅より南側
  4. 青いラインのcicero駅からkedzie-human駅の間

観光で立ち寄ることはあまりありませんが、近づかないようにしましょう

危険地域はこのサイトで確認できますが、我々観光客が立ち入る地域は安全と思って大丈夫。

管理人
管理人

シカゴ産業科学博物館に行く時だけは注意してね。
電車で行くと危険な地域(上でいう1番)を通る必要あり。
ダウンタウンからバスで博物館の目の前まで行くのが最善策!

 

これは僕が上でいう3番の危険地域に泊まった時の体験談。
しっかり怖い思いしました。海外怖い。

参考 シカゴの治安の悪い地域で宿泊したら銃声と警報が聞こえた話

他にも知っておきたい知識

オヘア空港から市内への移動

他にも知っておいたほうがいい知識を解説します。

市内からオヘア空港へ、CTAを使っての行き方

逆に、市内からオヘア空港への行き方を解説します。

とはいえ、こちらは空港から市内への逆を辿るだけ
水色の路線のCTA(電車)の「O’Hare」行きに乗ったら乗り換えなしで着きます。

他にもあるオヘア空港から市内への移動方法(CTAが便利すぎるので非推奨)

他にも移動手段は「タクシー」「乗合バス」がありますが、CTAが便利なのであんまり乗る理由はないです。

タクシーはシカゴ市内まで5,000円くらい、乗合バスは3,500円くらい。

 

よっぽどCTAがダメな理由がない限り、乗らないかなあと思います。

まとめ:オヘア空港から市内への移動は簡単でした

オヘア空港から市内への移動

オヘア空港から市内への移動方法は分かりましたか?

この記事でわかることは以下の4つでした。

まとめ
  • 基礎知識:シカゴには3つの公共交通機関を管理する会社がある
  • オヘア空港から市内へ、CTA(電車)の青い線で使って乗り換えなしで1本
  • 治安の悪い地域は覚えておこう

オヘア空港からの動くが不安なあなた。

ぜひ、不安を取っ払って快適な旅行を楽しんでください!

おすすめ  2枚でOK?バックパッカーが実際に持つ旅行用クレジットカード

おすすめ 【保存版】無料でファーストクラスを目標に、陸マイラーを始めよう

 ブログランキング・にほんブログ村へ  
アメリカ
\ シェアしてね /
じゃこをフォローする
TABIGATE-タビゲイト-

コメント