結局、油が最強。キャンプ中に着火剤を自作する方法

自作着火剤キャンプ
  • BBQをしているけど、薪に全然火がつかない!
  • 着火剤も持ってきてないし、困った・・・

こんな悩みを持っている人も多いはず。

僕は合計で100回以上キャンプしているので、火起こしは割と得意な方。
いつも着火剤は使用しておらず、自然のものとライターやメタルマッチなどの火種だけでパパッと火をつけます。

しかし、そんな僕でも雨の日や湿気の多い日は、火起こしに非常に苦労します

そんな時に活躍するのが、その場の有り合わせで簡単にできる「自作着火剤」
着火剤が作れることを知っていれば、火起こしが非常に楽になります

今回はそんな、とっても簡単にできる着火剤の作り方を伝授します。

この記事でわかることは以下の2つ。

  • BBQ中に着火剤を作る方法
  • ネットでよく見る自然の着火剤は、作った着火剤には勝てません

この記事を読めば、火が起こせなくて仲間と険悪になるのも防げるはず。

では、解説していきます。

BBQ中に着火剤を自作する方法

火の画像

着火剤を作る方法は「油を固める」だけ。
具体的には「吸水性のもの(ティッシュ)などに料理用のサラダ油を染み込ませるだけ」です。

吸水性のものに燃えやすいサラダ油を染み込ませることで、油がその場で燃え続けるという原理です。
手頃な吸水性なものが無かったら、薪に直接油をかけてもオーケー

燃えているorくすぶっている薪や炭に油をかけないでください。
油が燃えて危険です。

これ以上解説も何もないので・・・、下の項で性能の検証をやっていきます。

作った着火剤の性能を検証

定義:着火剤としての性能 = 着火から炎が消えるまでの時間

油ティッシュ、油コットンと、油の代わりに可燃性のものとして蝋を染み込ませたコットンリップクリームを染み込ませたコットンを用意しました。(リップクリームは蜜蝋という天然の蝋からできています。)

油はサラダ油、蝋は100均のろうそくのものを使いました。

検証方法は簡単で、単純に火を付けて燃え尽きるまでの時間を測っただけです。

検証結果のまとめ

着火剤の種類燃焼時間手軽さ総評
コットン1.0 min
油コットン7.5 min
リップクリームコットン1.0 min×
蝋コットン8.0 min×
ティッシュ0.7 min
油ティッシュ5.0 min
参考:100均の着火剤7.0 min(カタログ値)

油を染み込ませたティッシュは5分間も燃え続けるので、着火剤として優秀だと証明されました。

しかも、油は蝋より手軽です。
ろうそく持ってない家庭も多いですが、油がない家庭は少ないでしょう。

ティッシュじゃなくてコットンでもいいのですが、男性だとコットンを持っていない方も多いですね。

管理人
管理人

サラダ油を染み込ませたティッシュなら、いくらでも量産できるね。

ネットでよく見る自然の着火剤は、油には勝てません

自作着火剤

ネットでよく見る、自然の中にある着火剤はどうなのか、僕なりの見解をお教えします。

  • 杉の枯葉
  • 松ぼっくり
  • 白樺の樹皮

よく見るのはこの辺りでしょうか。正直、杉の枯葉以外は着火剤としては使えません

杉の枯葉は火がつきやすいですが、燃え尽きるのも早いです。たくさん集める必要があります。

松ぼっくりに至っては、本当に着火できるんですかね。
カサがバッチリ開いてよく乾燥した松ぼっくりを使っても、火つきは悪い。燃えちゃえば大きな火が上がりますが、着火剤としてはいまいちです。

白樺の樹皮も着火しやすいって言われますが、そもそも白樺ってそんなにないような気がします。
あったとしても、樹皮を剥ぐのはダメだし、落ちているのを拾い集めるしかない。
そして、樹皮ってあんまり落ちてない。

やっぱり、ティッシュに油を染み込ませるのが一番手軽で性能もいいです。

身の回りの意外と燃えるものを紹介

油も持ってないよ・・・という方は、以下のものを試してみてください。

  • 牛乳パック
  • ガムテープ
  • 軍手

もしかしたら持っている、よく燃えるものです。さすがに油よりは燃えにくいですが、無いよりはとてもマシ。

そして裏技ですが、なんでもいいのでスプレーの中身を薪に吹きかけて燃やすと、よく燃えます。

火に直接スプレーを噴射するのは危険なので、絶対にやめてくださいね。

まとめ:焚き火に苦戦したら着火剤を作ってみよう

電球が光るイラスト

自分で作る着火剤について紹介しました。

この記事でわかることは以下の2つ。

  • BBQ中に着火剤を作る方法
  • ネットでよく見る自然の着火剤は、作った着火剤には勝てません

火起こしに苦戦したら、ぜひ着火剤の自作を試してみてください。
失敗することもありませんし、材料も特別どっかで購入してくる必要がなくて手軽です。

ぜひ、快適な焚き火ライフを楽しんでください!

おすすめ キャンプに本当に便利な道具は?100回宿泊の男が超厳選3つを選ぶ

おすすめ 【合計1.1万円】初めてのキャンプで買うべき5つの道具

コメント