国境で置き去りに。タイでバスに置いていかれた経験談と3つの学び

この記事では、僕がタイとラオスの国境で置き去りにされた話をします。

島国に住んでいる我々日本人としては不思議な感覚ですが、外国では陸路で国境を越えることは珍しくありません。

ヨーロッパのEU加盟国では審査なしで国境を越えられますが、他の国ではそうはいきません。

バスから降りて出国審査して、また別の建物に行き入国審査という手間があるんです。

僕は、入国審査をしているときにバスに置いていかれた経験があります。
ちょうど、修学旅行のバスに乗り遅れたのと一緒。

僕がこの経験で学んだことは3つ。

  • 大事なものはバスに置いておかない
  • 遠慮して最後尾に回らない
  • できるだけ、バスや周りの乗客を視界に入れて動く

僕の失敗から学びを得て帰ってくださいね。

それでは、お話していきます。

タイとラオスの国境でバスに置いていかれました

バス置き去り

僕は国際バスでタイからラオスに移動しようとしていました。

タイとラオスを国際バスで移動していました

タイとラオスは陸続きの国なので、国際バスが盛んに出ています。

僕もその国際バスに乗車。

暑さと混雑、現地民の大きい声で不快なバスは何事もなく、いつものように国境越えをするはずでした。

管理人
管理人

アジアのバスに乗ると、現地民が平気で大声で話してたり、横になって寝てたりする。

それが普通だから、僕ら旅行者が順応するしかないよ。

入国審査に手間取ってしまった

タイとラオスの国境に到着。

最低限の荷物だけを持って、タイでの出国審査を受け、何事もなく終わりました。

続いてラオスでの入国審査。

ここで、現地民のグイグイくるパワーに圧倒され、最後尾に並んでしまいました。

しばらく並んで僕の審査の番。

日本人旅行者が珍しかったのか、なぜかスムーズにいかず事情聴取よろしく滞在する場所・期間・予定など色んなことを聞かれました。

時間はかかりましたが、審査も終了。
バスに戻ります。

審査を終えて戻ったら、バスがいない!

審査を終えて戻ったら、なんとバスが消えています。

いくら探してもいない。
近くの人に聞いたら、もう出発したとのこと。

ここで僕は青ざめました。
最低限の荷物しか持っていなかったため、パソコンやカメラなどは全部バスに置きっ放し。

パスポートやお金は持っていましたが、甚大な損失です。

トゥクトゥクでバスを追いかけ、なんとか追いつきました

路線バスだったので、ゴール地点は分かっています。

近くにいた三輪バイク「トゥクトゥク」を捕まえてゴール地点まで走ってもらいました。

運よく、終点で僕のバスを発見。

そしてさらにラッキーなことに、車内に僕の荷物が取り残されているのも発見しました。

管理人
管理人

中身も完璧に無事でした。まさに奇跡。

僕が外国でバスに置いていかれた経験から学んだこと3つ

バス置き去り

僕がこの経験で学んだことは3つあります。

  • 大事なものはバスに置いておかない
  • 遠慮して最後尾に回らない
  • できるだけ、バスや周りの乗客を視界に入れて動く

解説していきます。

大事なものはバスに置いていかない

これは基本なのですが、完全に油断していました。
まあ、大丈夫だろうという根拠のない考えがあったんです。

入国審査に限らず、トイレ休憩などでバスから降りることはあります。

荷物は全て持ってバスを降りましょう。

大きな荷物はバスの荷室に預けることもありますが、僕はあまり推奨しません。
荷物を持ってバスを降りることができなくなります。

とても大きな荷物は預けざるを得ない時もありますが、できれば避けましょう。

管理人
管理人

ツアーのバスだったら、車内に荷物を残しても多少は大丈夫だと思う。

ただ、路線バスはマジで危険。

遠慮して最後尾に回らない

僕を含め日本人にありがちですが、自己主張が弱いので後手後手にまわりがち。

僕が置いていかれた原因も、後手に回ってしまったことでした。

間違ってたら「違うよ」と教えてもらえるだけなので、できれば周りより先手を取りましょう。

管理人
管理人

これが一番難しいんですけど、有効です。

できるだけ、バスや周りの乗客を視界に入れて動く

物理的にできない場合も多いですが、バスや周りの乗客の動きをしっかり見ておきましょう。

コツとしては、「バスのナンバーを2ケタだけ覚える」「特徴のある乗客を3人くらい覚える」です。

ナンバー何桁か全てを覚えても忘れることも多いので、2ケタだけ覚えましょう。
2ケタだけ覚えれば、周りのバスと被ることもほぼないです。

乗客も顔では覚えにくいです。
覚えやすい髪型、服装だったり、芸能人に似ているなどの特徴で覚えましょう。

管理人
管理人

ちなみに僕は、先日のラオス→ベトナムの移動では「オレンジモヒカン」「全身ブルーマン」「我が家の坪倉さん」の3人を記憶しました。

まとめ:もう二度と国境で置き去りになりたくない

バス置き去り

僕の置き去りにされた経験からわかることは以下の3つでした。

  • 大事なものはバスに置いておかない
  • 遠慮して最後尾に回らない
  • できるだけ、バスや周りの乗客を視界に入れて動く

外国で長距離バスで移動する予定がある方。

ぜひ、僕の経験から学びを得てください。

 ブログランキング・にほんブログ村へ  
体験談
\ シェアしてね /
じゃこをフォローする
TABIGATE-タビゲイト-

コメント