【2019年版】ベトナム・ホーチミンに行く前に読む記事

この記事では、ベトナム・ホーチミン旅行を検討している方に向けて、ホーチミンの旅行事情をまとめた記事です。

この記事を読んでいるあなたは、ホーチミンへの旅行を考えていますね。

ホーチミン、日本人に人気ですよ。
実際、僕の1ヶ月弱のベトナム滞在でも多くの日本人旅行者を見ました。

しかし、旅慣れた僕からすると、ホーチミンは結構「難易度高め」な観光地。
僕ら日本人観光客をあの手この手で騙して、お金をせしめようとしてくるやつがたくさんいます。

というわけで、1ヶ月のベトナム旅行の道中、ホーチミンでぼったくりにやられまくった僕が、ホーチミンの観光情報など気をつけるところをまとめました。

特に覚えて帰って欲しいのは以下の3つ。

  • wifi、SIMカードなどの通信関係
  • 日本語での声かけとぼったくりが激しい
  • 移動はGrabと飛行機が最強

ホーチミン旅行を考えている方、ぜひ読んでみてくださいね。

ホーチミンの基礎知識

公用語ベトナム語英語は通じたり、通じなかったり
通貨ドン物価は意外と高く、一食300円くらいです
人口8,637,000人北九州市と同じくらい
治安普通身の危険はないが、ぼったくりが激しい
気候暑い冬でも20℃以上あります
首都ハノイホーチミンは第二の都市

歴史はwikipediaを参考にしてください。
wikipedia(ホーチミン)

お金に関しては、1円 = 215ドン(2019年7月)と桁が多くなって計算が難しいです。
ドンの下2桁を消して、さらに1/2すれば、大体の日本円の額に換算できます。

例. 50,000ドン = 500×(1/2) = 250円くらい (正確には232円)

硬貨は無く、お札のみ。
最高金額の500,000ドンの紙幣やクレジットカードは使いにくいです。

ATMや両替所はそこらにあるので、現金を手に入れるのに心配はありません。

ホーチミンの街の写真

バイクと車、そしてそれらのクラクションが激しく、まさに東南アジアの都会って感じですね。

ホーチミン

メイン通りは割と綺麗ですが、ちょっと裏に入ると、このように電線が垂れ下がっているような場所もたくさんあります。

ホーチミンタピオカ

タピオカは一切並ばずに150円くらいで飲めます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ホーチミンの丸亀製麺は、なんとパクチー入れ放題です! #旅 #旅行 #旅行好きな人と繋がりたい #丸亀製麺 #ホーチミン #ベトナム

jacoさん(@jacogogogo)がシェアした投稿 –

丸亀製麺もありました。
豚骨うどんって、日本にはないメニューです。美味しい!

ベトナムに入国する際のビザ

普通の観光客の方ならビザなしでオーケーです。
ただ、長めに滞在(15日以上)したり、国境を越えてまた戻ってきたりする方はビザが必要です。

下がビザ免除の条件です。
参考:ベトナム大使館HP

  1. ベトナムの滞在期間が15日以内
  2. 入国時、パスポート有効期限が6ヶ月以上残っており、前回のベトナム出国時から30日間以上経過している
  3. 第三国へ出国するための交通手段の切符を持っている
  4. 入国禁止になっていない

ビザは現地の空港でも取れますが、日本でも取得可能です。
日本での取得の方法は下の記事にまとめました。

ベトナムの観光ビザを日本で取得!ビザの取り方を実体験から解説。
この記事では日本でベトナムの観光ビザを取る方法を解説します。僕は実際にビザを取得しました。この記事では「ベトナムでビザ無しで入国できる条件」「観光ビザの日本での取り方」をまとめました。この記事を読んで、しっかり準備していってください。
管理人
管理人

3番の条件「出国の切符」だけど、僕は無しでも入国できました。

保証はできないけど、無くても入れてくれると思う。

ホーチミンの定番スポット

観光地、飲食店、ホテル情報を発信します。

ホーチミンの観光地

面白いかどうかは別にして、観光地はたくさんあります。
僕が実際に行ったところを紹介します。

他にも知りたい方はこちらのサイトを参考にしてください。

  • ベンタイン市場
  • サイゴン中央郵便局
  • 戦争証跡博物館

ベンタイン市場

ザ・アジアの観光市場って感じです。

歩くと声かけが激しく、ぼったくりも多い。

観光客を金と見ている感じがして、僕は嫌いですが、アジアの市場を体験したい方は一度行ってみては?

混雑するのでスリにも気をつけてくださいね。

サイゴン中央郵便局

フランス統治下に建設された綺麗な建物を、郵便局として利用しています。

美しいですし、お土産屋もたくさんありますが、所詮郵便局。
それほど長く滞在できるものでもありません。

ただ、ポストカードを送るのが好きな方にはオススメ。
ポストカード、切手、ポストがここだけで完結します。

海外から日本へポストカードを送る方法【お土産に最適】

戦争証跡博物館

ベトナム戦争の悲惨さを展示している博物館です。
日本でいう、原爆ドームのような場所。

正直、ここはまあまあ面白かったです。
基本はベトナム語と英語と説明ですが、写真は言葉がわからなくても理解できるし、一部展示には日本語の説明がついています。

入場料は1人40,000ドン(2019年7月)。

ここはアリな観光地かな。

管理人
管理人

衝撃的な展示も多いので、苦手な方は注意してね。

ホーチミンの飲食店

  • カフェがそこら中にあります
  • 1食300円くらいからです
  • コンビニも数多くあります

カフェがそこら中にあります

ベトナムはコーヒー豆の生産国としても有名なだけあって、カフェがそこら中にあります。

マックでも、下のような本格的なベトナムコーヒーが楽しめます。

マックのコーヒー

コーヒー一杯100円くらいから。安いですね。

1食300円くらいからです

食事は1食300円くらいからって考えておけば十分です。

ホーチミンの食事

田舎に行けばもう少し安いのですが、流石に都会です。
物価はちょっと高め。

コンビニも数多くあります

コンビニも数多くあるので、飲食や生活用品に困ることはありません。

日本のコンビニのように、結構なんでも売っています。

管理人
管理人

僕は洗面用具一式(シャンプー、リンス、髭剃り)を無くしたので、コンビニで調達しました。

ホーチミンのホテル

観光地なだけあって、ホテルのクオリティは高いです。

そして、安い。

僕はドミトリーにしか泊まっていませんでしたが、宿を取る際に特に注意することはないでしょう。
ハズレな宿には遭遇していません。

統一会堂あたりに宿をとれば、観光に困ることはありません。
徒歩で観光地を巡って、疲れたらカフェで一休みってのが王道ですね。

Expediaでホテルを探す
agodaでホテルを探す

ホーチミンに行く前に知っておくべき情報、注意点

ホーチミンに行く前に知っておきたい情報をまとめました。

  • wifi、SIMカードなどの通信関係
  • 日本語での声かけとぼったくりが激しい
  • 移動はGrabと飛行機が最強

wifi、SIMカードなどの通信関係

一切困ることはないでしょう。

wifiはホテルやカフェなら間違いなく付いています。

SIMカードも空港や街中で売っています。

有効期間30日、1日4GB、通話なしで800円くらい。安いですね。

日本語での声かけとぼったくりが激しい

20ヶ国以上旅している僕が経験した中で、最も激しく声かけ、ぼったくりしてくる国です。

上の項で示した統一会堂の周辺は、僕の経験上、300%の確率で声かけにあいます。
1回歩くと3回声をかけられるという意味です。

ぼったくり体験談を記事にまとめたので、参考にしてください。

怪しい手帳は見る価値あり。ホーチミンで流しのバイタクに乗ってみた
靴を買ったほうが安い。ホーチミンのぼったくり靴磨きを頼んでみた
一桁多くお支払い。ぼったくり大国ベトナムで被害を防ぐ3つの心構え

移動はGrabと飛行機が最強

近距離(空港→市内とか)ではGrab、長距離(ホーチミン→ダナン)では飛行機がオススメ。

近距離の移動にはGrab

例えば、空港から市内への移動には「タクシー」「バス」「Grab」の選択肢がありますが、圧倒的にGrabがオススメ。

Grabはざっくりいうと、個人タクシーの配車アプリ。
バイクタクシーも頼めるのが非常に嬉しい。

タクシーはぼったくる、バスは混みますが、Grabはすぐに迎えに来てくれて、なおかつ安い(空港から市内まで、バイタクで150円程度)です。

Grabの使い方はwebmobileさんが詳しいです。

Grab App
Grab App
開発元:Grab.com
無料
posted withアプリーチ

遠距離の国内移動は飛行機

ホーチミンから移動するとなると、多いのはダナン、ハノイあたりでしょうか。

両方とも、ホーチミンのタンソンニャット空港から国内線で行くのがオススメ。

国内線のLCCがホーチミンーダナン間で6,500円くらいと安いので、バス・鉄道の安さというメリットが薄いです。

管理人
管理人

現地の人にとっても、鉄道は不便なものという印象なよう。
バスは現地人で混雑していて、とてもキツい。
旅行者にとっては飛行機が最も賢いね。

まとめ

ホーチミン旅行を考えている方に向けて、記事をまとめました。

観光地なんかはググればいくらでも情報が出てくるので、特に、僕が覚えていただきたいのは情報・注意点のところです。

  • wifi、SIMカードなどの通信関係
  • 日本語での声かけとぼったくりが激しい
  • 移動はGrabと飛行機が最
これは、僕がホーチミンに1ヶ月弱滞在して得たリアルな情報です。

ぜひ、あなたのホーチミン旅行に活かしてください!

 ブログランキング・にほんブログ村へ  
ベトナム
\ シェアしてね /
じゃこをフォローする
TABIGATE-タビゲイト-

コメント